2015年6月15日から個展のような、オープンスタジオのようなものをします。

なので全部カタカナにしてタイトルにしてみました。

意味が含まれない形、音の連なり。

 

全てが“未”

視なくして身で実となるのか・・・な感じです。(今考えました。)

 

前回の個展では、ことばによる思考を出来るだけ消してみるような作業をしました。

喋らず、食わずだったので、今回は見ず、をしようと思います。

さわる、聞く、視線や顔の表情による判断なくして話す、嗅ぐ。

圧倒的な暗闇の塊(ものすごく怖い)を目の前にして、向かい合ってみる。

音の距離を、動きを、表情を聞くことに専念してみたいと思います。

(視覚は全体を把握する力である気がします。その他は全体を見れず、今触れている聞いている、におっているものを局所的にしか感知できない。その連続。)

展示というまとめられたものではないので、さらに同時多発にあらゆる実験が組み込まれています。

1単なる思いつきを形にしていたり(物質として)、また以前から考えていた、2「羅列」−「連鎖」⇄「詩」について。それが何なのかは論理的に説明は出来ないものの、ひとつの試行の方法でもって、考えてみる予定です(こちらは毎日更新されるもの)。3そして永遠のテーマ「融合」「理解」「わたし」について。

 

すべてが着地しないまま、浮遊したまま、曖昧なまま、とりあえずカタチにしてみて、現実世界にモノとして存在させて、それを生きているわたし(を含める外的要因)によって動かして、変化させて、考えていきます。

 

三樹荘は「見られる」ことを第一に掲げず、失敗を前提とする場所です。

「見られる」ことを出来るだけなくした「作る」こと。

その場所の性格を活かせると思います。

 

///////////////////////////////////

ワタナベルリコテン atミキソウ

会期:2015年6月15日(月)〜6月29日(月)12:00〜19:00

(水・木・日 休み)

場所:ART HUB 三樹荘

 

6月